fc2ブログ
hanagonのまったり山登り

T字尾根から御池岳(その1)

2023/10/12
山行 10
西高東低の気圧配置ではあまり天気良くないかなぁ。天気予報では比良山より鈴鹿の方がマシっぽい。三重県側は晴れ予報だし。
鈴鹿の最高峰・御池岳には長いこと登ってない(26年ぶり)し近江側から行ってみましょうか。

10月10日早朝、山麓の東近江市を運転中、結構強い雨も降っていたが登山口に着く頃には止んでくれ、少し晴れ間も見えてきた👍
マイナールートのT字尾根を登路にとるのだが、結論からいうと標識や一部ロープも設置されており、前回97年3月に来た時とは全く違っていた。当時はそんなものは一切無く完全なバリエーションルートだった。「T字尾根」という言い方もしてなかったなぁ😅
今回はT字尾根ルートの現状確認もしてみたかったのでこのルートを採用した。

小又谷第1駐車場に駐車。奥はバイオトイレ。
青空もちょっぴり見えてきた😊。6時に出発。
P1830095小又谷第1駐車場(小又橋)

林道を少し歩いてT字尾根登山口。整備されていますな😊
P1830098T字尾根登山口

植林の尾根を急登していくと自然林が出てきた。
P1830100.jpg

ちょっとだけ紅葉。
P1830104ちょっと紅葉

Co850mで駐車場のある小又橋から上がってくる尾根が合流。
26年前はそちらから登ってきたのだが、薮に難渋したと記録していた。
P1830106ちょっと紅葉

そこからわずかで878mP。
P1830107 878mP

ここからはゆる~い尾根を辿っていく。
ブナ林がいい感じ😊
P1830110ブナ林

立派なブナ😍
P1830113立派なブナ

T字尾根が名前のごとくT字に交わるジャンクションピーク918mP。山頂はかなり広い。
レスキューポイント表示は令和2年に設置と書かれていた。
約10年ほど前、このあたりで道迷い遭難が発生して6日後に救助された事件が発生。昔に比べてこの尾根を辿る登山者が増えてきたこともあって設置されたんでしょうね。
この遭難はかなり壮絶な状況だったようだ。私もかつてやらかした事はあるが、その比ではない。リンクは⇒こちら
P1830115ジャンクションP918m

ジャンクションピークから北東の尾根を辿ると御池岳に取りつける。
変形巨樹。雪も多いところですからね。
26年前の3月に来た時もかなり雪が残っていて、テーブルランドと呼ばれる御池岳の山上台地では1m程の残雪があった。
P1830118変形巨樹

ブナが本当に美しい😍
しかし尾根上は北風が強くて肌寒い。
P1830121ブナ林

御池岳はガスでまだ見えない。。
9時頃には晴れ間が出てくれるかなぁという天気予報なのだが。
P1830124御池岳見えず

木の根道も。
P1830127木の根道

967mP。
P1830128 967mP

ピークからの下りにはロープが設置されていた。昔は当然こんなものはなかった。
P1830129.jpg

その鞍部からは右下に小又谷源流が見える。
97年3月に来た時はこのあたりから尾根を外して源流に下り、土倉(はぜくら)岳を経由して御池岳に登った。
今回はT字尾根通しに行って御池岳に登り、下りで土倉岳を通って南側の尾根から駐車場付近に下りてくる周回ルートの予定。
P1830200 967mP手前鞍部から小又川源流が見える

最後急登していくと御池岳テーブルランドの縁が見えてくる。
この辺りテープはあるがちょっと判り難い。下りは注意が必要だろう。
P1830132.jpg

山上のテーブルランドに到着。
しかしやっぱりガスが。。何も見えませんがな😢
P1830133テーブルランドのT字尾根下降点


  つづく
スポンサーサイト



Comments 10

There are no comments yet.

なお

なおです。

こんばんは。
随分とガスってますね。
これが快晴なら気持ちの良い山登りだったでは!
それに、これだけのガスなら、何となくベトベトしそうです^^。
続きを楽しみにしています。

2023/10/13 (Fri) 20:09

LUN

ブナ林はそんなに身近にあるものでしょうか?
世界遺産のブナ林以外あまり記憶にないです(苦笑)

2023/10/13 (Fri) 20:26

臆崖道

はなゴン先輩は

自力下山の遭難騒ぎ(未遂)レベルでしょう。
私なんか3回もヘリ搬出ですからねぇ(自慢してどないすんねん)。

ちなみにこのYさんは、後日の別山行で亡くなられたとか、でしたっけ。

2023/10/13 (Fri) 20:33
hanagon60

hanagon60

>なおさん

そうなんです。ガスってしまって幽玄さはありますが魅力半減ですわ。。
この後も天気は不順でべとべとどころかビショビショでした(泣)

2023/10/13 (Fri) 20:44
hanagon60

hanagon60

>LUNさん

ブナは案外と身近にもありますよ。
関東では丹沢や行き易いところでは奥多摩の都民の森(三頭山)あたりでしょうか。

2023/10/13 (Fri) 20:48
hanagon60

hanagon60

>臆崖道さん

天候悪くて救助隊出動できなかっただけです。準備はされてましたから。
まぁ変なところで自慢合戦?は止めておきましょう(笑)
Yさんは難病と思っていたのですが別山行でしたか?

2023/10/13 (Fri) 20:56

nincabe

この方の遭難記はヤマレコで読んで衝撃を受けた記憶があります。
この辺りだったのですね…
結局また屋で遭難して亡くなったんです。それもまた衝撃でした。

バリルートがよく登られるようになってメインにあるってこともありますね。
ネットで情報が得られるようになっていく人が増えるからでしょうか。

2023/10/15 (Sun) 11:17
hanagon60

hanagon60

>nincabeさん

この遭難はエグいですよねぇ。こんなになってまで生き続けられるとはと、私も衝撃でした。
ここに登った当時はネットも普及しておらず、ほとんど知られていないルートだったのではと思います。
私も山渓だったか岳人だったかに載っていた記録を見て、残雪期に入ろうと思った記憶があります。

2023/10/15 (Sun) 21:16

ちゃっぷ

最後の画像、雰囲気のいい場所だけに、ガスガスだったのは残念でしたねえ・・・

2023/10/20 (Fri) 00:58
hanagon60

hanagon60

>ちゃっぷさん

なんだかんだ言ってもやはり山に登ったら晴れが一番ですよね。

2023/10/20 (Fri) 18:11
hanagon60
Admin: hanagon60
関西・京都周辺をとろとろ歩いている、孤高の山屋に憧れたヘタれ山屋です。
山行