FC2ブログ

比良山系・八ツ淵の滝巡り(その1)

涼感満点!
P1590217.jpg


本日は午後から所用。梅雨も明けて暑くなり、京都の最高気温は35℃になるとの事なので、午前中に比良山系・八ツ淵の滝へ涼みに行くことにした。
まずは途中、朝の白髭神社に参拝し、
P1590181白髭神社

ガリバー青少年旅行村の登山者用駐車場に車を止めて出発。
八ツ淵の滝入口には危険喚起の看板。昔は💀マークはなかったのに💦
P1590189.jpg

基本登山道はあるのだが、本日は時折流れの中を歩きつつ進むことにしましょ。
最初に出てくる無名滝でまずは流れに浸る。
P1590193.jpg

八ツ淵の滝最初の魚止の滝。
本格的沢登りをするならここは左を直登するのだが、本日は右の登山道を巻く。
P1590194魚止め滝

続いて障子の滝。本日の水量はやや多めのようだ。少なめなら一段目はシャワーで直登可能。
もちろん一、二段目とも左リッジの鎖とハシゴを使って巻く。
P1590198障子滝

リッジ途中から間近に撮影。すごい水煙であっという間にレンズは水滴を被る。
P1590199左リッジから

障子滝落口から。
P1590201障子滝落口

続く唐戸の滝ゴルジュをちょっと覗いていきましょう。
本流は右からカーブして落ちてくる。普段は細流の枝沢も滝らしくなっている。
P1590203唐戸ゴルジュ入口

強烈な流れですな。
P1590204.jpg

右岸を高巻く登山道から唐戸のゴルジュ。
P1590207登山道から唐戸ゴルジュ

しっかりした鎖場を登り、
P1590209.jpg

安心登山道へ合流(笑)
ここは下り禁止になってます。かつては下れたのですが。
P1590211.jpg

すぐに大摺鉢。八ツ淵の滝において癒やしの空間。ちょっと流木が邪魔かな。。
昔は子供達が浮き輪持って泳いでいたのですが。そういう時代ではなくなったのでしょう。
P1590213大摺鉢

すぐ上は小摺鉢。このあたり飛び込みゾーンだけど、単独ジジイはやりませぬ。
P1590215小摺鉢

小摺鉢を上から。流れの右側が隠れているけど大摺鉢。
涼風が吹き渡り快適々々♪
P1590217.jpg

こちらは屏風滝。淵はかなり深そう。単独ジジイは泳ぎませぬ。
P1590220屏風滝

この八池谷最大の貴船滝が出てきましたよ~😊
P1590225貴船滝


   つづく







スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
おぉ~!
涼感を呼ぶお写真の連続で、気持ちよさそうですね~!
私も、今日は北九州市内の名瀑の近くを通ってきました。
そこは夏場は小学生たちの水遊びの場として有名なんですが、
個人的には何故か「気味の悪い」場所に感じられて、
今回も近付くことはできませんでした。(^_^;)

あつ

2020/08/02 22:55 URL 編集 返信
おはようございます。
ホント涼し気・・・
琵琶湖?
海や川に行くことがないのではなゴンさんの滝で涼感を味わわせて頂きます(*^-^*)

出掛ける前の歩きにしたらハードだわぁ…
若さ(ワタシヨリi-235)と体力があるってことだね。
草取だけで筋肉痛っぽいのが出てる私と比べちゃいけないわね(^^ゞ

この後の滝も楽しみ(^_-)-☆

nadeshikobuta

2020/08/03 09:39 URL 編集 返信
なおです。
こんばんは。
気持ち良さそうですね。
でも水が冷たそうで、お腹が痛くなりそうです^^;。

なお

2020/08/03 18:31 URL 編集 返信
hanagon60
>あつさん、
朝から暑かったので本当は日中も谷中にいたかったのですが(^^ゞ
滝がある処は両岸が狭まり光が届き難い、うっそうとした場所である事が得てしてあります。
その場合は気味悪く感じられる事もありますが、そうでなければ何か怖い輩が取り憑いているという事なのでしょうか?😰

hanagon60

2020/08/03 20:31 URL 編集 返信
hanagon60
>nadeshikoさん、
この鳥居は琵琶湖に建っているもので、冬場は鳥居越しの御来光も見る事が出来ます。
こう暑いと低山は沢筋でないと保たない気がするのですが、今や行く処は限られてしまっているのが悲しいところです。。
草取りだって体力使うと思いますよ。姿勢があまり変わらないのはキツいです。

hanagon60

2020/08/03 20:35 URL 編集 返信
hanagon60
>なおさん、
なおさんはオナカ緩い方なのでしょうか?
私はかなり緩くて結構な頻度でグルピーしてしまいます。
それでも沢歩きは止められないんですよねぇ(^^ゞ

hanagon60

2020/08/03 20:38 URL 編集 返信
憑りついているというか…
コロナが無ければ、例年この季節になると、ローカルニュースで、その滝の下流で子供たちが水遊びをする微笑ましい映像が必ず流れるのですが…
御指摘の通り鬱蒼としているうえに、滝つぼの周囲に無闇矢鱈とお地蔵さんなど石仏の類が多くて、当然のことながらまことしやかな心霊現象も噂されるわけで…それがステレオタイプになってるのだと思います。
それと、自宅からの通常ルートですと、山深くなったところで、車がやっと1台通れる程度の素掘りのトンネルを経由しなければならず(遠回りすれば、ここを避けられるのですが)、これまたこの滝を敬遠してしまう理由なんです。

あつ

2020/08/03 23:00 URL 編集 返信
💀
💀高島市
と聞いてもどこだか分からなかったのですが
また一つ勉強になりました
越境してますね!(爆)

琵琶湖が見えたら〇〇県ですね(笑)

LUN

2020/08/04 09:47 URL 編集 返信
hanagon60
>あつさん、
なるほど、色々な要素がこの滝を心霊スポットのように感じさせているのですね。
自分の場合は山に入る機会が多いので、そのようなとこだらけ(笑)で感度が鈍くなっているのかもしれません。
それでも不思議現象は何度か経験はしているのですが。。😓

hanagon60

2020/08/04 20:39 URL 編集 返信
hanagon60
>LUNさん、
三田線の高島平とは違いますから(笑)
アプローチに車を使うと、登山は(特に自分の場合は)ほとんど人と接触する機会がないので、遠出もテント泊ならOKかと。

hanagon60

2020/08/04 20:43 URL 編集 返信
おお!
これは滾れる滝の連発ですな! やはりノーパンなのでしょうか!!

ちゃっぷ

2020/08/05 21:23 URL 編集 返信
hanagon60
>ちゃっぷさん、
近場で滝がたくさん堪能出来るところです。もちろんのぱんです😁

hanagon60

2020/08/07 18:44 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

hanagon60

Author:hanagon60
関西・京都周辺をとろとろ歩いている、孤高の山屋に憧れたヘタれ山屋です。

アクセス数

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR