fc2ブログ
hanagonのまったり山登り

2019年ブログ10大ニュース(後編)

2019/12/27
山行 14
続きです。

◎第3位 鈴鹿・藤内沢
P1500135コーモリ滝
2月、11年ぶりに冬の藤内沢に入る。前回より雪が少なかったので、このコウモリ滝が核心部になるかも?と思っていたのだが、それはこの後だった。

P1500142奥又壁
三ルンゼ方面に行くつもりがルートを間違え、奥又壁方面に。
正規ルートに戻るまでが緊張の区間、今回の核心部となってしまった…( ̄。 ̄;)

P1500157.jpg
三ルンゼの氷瀑。ブルーアイスが美しいね~
これを見たかったのよ😊。同行したS女史も感動してましたな。

P1500175.jpg
登り着いた御在所岳稜線の樹氷も美しかった♪

P1500099.jpg
前夜泊まった藤内小屋スタッフのおもてなし、価格も含めて素晴らしかった。


P1530463釜滝二条6m
臆崖道さんに誘われ、10月に大峰・神童子谷から支流のノウナシ谷を遡行した。

P1530491ノウナシ滝35m
ここに来る前に白滝谷を遡行した際、自分の現状を痛感させられてしまったので、グレード的にどうかな?と思ったのだが。(ノウナシにノウナシが登れるのか?)

P1530497左岸ルンゼからすぐ左の壁に取り付く
この千手滝の巻きでトップをいく臆崖道さんを確保していた際、かけ声が出なくなってしまったのには参った。精神的なものなのか?としたらショックなのだが…

P1530516地蔵滝BP
沢中泊も4年ぶり。10年以上やっていなかった焚き火も焚いてお酒もちょっと入り、いい気分で話しつつ沢の夜を楽しめた。

P1530564.jpg
翌日上がった稜線はガスに覆われ、大峰らしい幽邃な雰囲気を味わえた。
26年ぶりに登った大普賢岳からの展望は残念だったが、それを補って余りある充実感を味わえたのは臆崖道さんのおかげだった。


P1520028モルゲンロート
5月下旬、以前から胸に暖めていた残雪期の剱岳を長次郎谷から登った。
剣沢にテン泊したのだが、同行のS女史談:今の時期ここにテン泊する人にまともな人はいないですね。
アタック当日、各ルート(早月尾根を除く)から剱岳に登頂したパーティは我々も含めておそらく8パーティ。みんなアブノーマルって事ですかね?(笑)

P1520038長次郎谷
登路に使った長次郎谷下部から。
近くに見えてもなかなか進まない。果ててしまいましたよ…

IMG_3953八ッ峰ⅤⅥのコル8:03
熊の岩から八ツ峰ⅤⅥのコル方面。
この位置からしかこの絶景は見られない。感動的な光景だった。果てたけど。

P1520060.jpg
長次郎のコルから剱本峰への雪壁が技術的な核心部となったが、無事通過。

P1520066山頂は3000m超
剱岳山頂2999mに建つ祠の屋根が見えるが、積雪があるので実質3000mを越えていたと思われる。

IMG_3978剱沢、立山11:53
山頂から望む剣沢と立山。
自分の体力不足で予定より2時間も遅れてしまったが、残雪期にここに立てた事に感慨ひとしおだった。

P1520082飛んできたブロック
しかし遅れた分のリスクはやはり高くなってしまった。下降した平蔵谷で上から雪のブロックがすごいスピードで落ちてきた。幸い事故にはならなかったが大きな反省点となった。


今年は沢登りの回数がまた減って、合計3回しか遡行する事が出来なかった。
もはや連れて行ってもらう状態でしか魅力的な沢には入れないかなぁと思うけど、あまり無理しないところでの見極めしつつ、来年はやっていこうかと思うはなゴンでした。

本年の記事はこれにて終了させていただきます。
皆様、良いお年をお迎え下さいませ。







スポンサーサイト



Comments 14

There are no comments yet.

ちゃっぷ

No title

1位と3位がS女史様ツアーでしたか! 
1位の剱岳はもちろん強烈(ラブラブテントも)ですが、3位の鈴鹿・藤内沢も素晴らしいですな! 特にブルーアイス。
2位の臆崖道さんノウナシツアーの沢も清涼感あふれていていいですねえ。
やはり素晴らしい仲間と行くと滾れやすな!!

2019/12/28 (Sat) 01:56

「東北の温泉バカ」

大自然の造形美

大自然がつくる造形美、素晴らしいですよネ~!!
腰痛持ちのオイラには、指を銜えて見ているだけです。

2019/12/28 (Sat) 05:53
hanagon60

hanagon

>ちゃっぷさん、

上位三つは今年度においては抜けていました。
単独ではやはり難易度が高い処には行けないので、充実度においては必然的にこうなるのでしょう。

2019/12/28 (Sat) 17:22
hanagon60

hanagon

>kenさん、

健康でいられる内に出掛けたいと思います。
温泉の方はこちらはちょっと難しいですねぇ。。

2019/12/28 (Sat) 17:24

LUN

No title

最近、
山登りも山歩きもしていない私から見ると、
すでに雲の上の方になられてしまいました(苦笑)

2019/12/28 (Sat) 17:57
hanagon60

hanagon

>LUNさん、

あまりムリしてもっと上まで行ってしまわないようにしないと(笑)

2019/12/28 (Sat) 21:03

なお

No title

こんばんは。
どれも素晴らしい光景です!

今年も一年ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。

2019/12/28 (Sat) 21:17

nincabe

No title

1~3位、どれも見ごたえのある記事でしたが、印象が強かったのは藤内沢でした。
藤内沢の氷瀑はきれいだけど、それ以上に藤内小屋が安くて料理も豪華だし、行きたいなって思ったことが大きかったです。

2019/12/29 (Sun) 17:52
hanagon60

hanagon

>なおさん、

こういう事をやる時間があまり残されていない気もしていますが、無理のないようにやっていきます。
こちらこそ来年もよろしくお願いします。

2019/12/29 (Sun) 20:43
hanagon60

hanagon

>nincabeさん、

技術的には剱岳より藤内沢の方が必要だった気もしますが、剱はなにしろ体力が必要になりました。
藤内小屋は素晴らしかったです。ピカイチでしたね!

2019/12/29 (Sun) 20:46

nadeshikobuta

言葉が・・・

四季折々山に登られ…
とても私には登れそうにない山や、そこに行かないと見れない素晴らしい景色を堪能させて頂いてます。
今年もあと一日…よいお年をお迎えください(^^♪

来年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

2019/12/30 (Mon) 23:15

田舎の猫・みけ

吹き出してしまいました

生姜湯を飲みながら(ノウナシにノウナシが登れるのか?)を読んでしまいました・・
鼻から吹き出してしまいましたよ・・キーボードが危ないところでした

来年も記事を楽しみにしています♪

2019/12/30 (Mon) 23:52
hanagon60

hanagon

>nadeshikoさん、

行けるうちに行っておかないと後悔しそうで(笑)
こちらこそ来年もよろしくお願いします。

2019/12/31 (Tue) 10:06
hanagon60

hanagon

>みけさん、

キーボードの請求書はこちらに回さないように(笑)
来年もよろしくお願いしますね。

2019/12/31 (Tue) 10:08
hanagon60
Admin: hanagon60
関西・京都周辺をとろとろ歩いている、孤高の山屋に憧れたヘタれ山屋です。
山行