fc2ブログ
hanagonのまったり山登り

金勝山と狛坂摩崖仏

2019/12/22
山行 14
狛坂摩崖仏を見たくなった。
12月19日、琵琶湖湖南の上桐生・一丈野駐車場に車を止める。
ここを訪れるのはおそらく1987年12月以来、32年ぶり。本格的に山歩きを始める以前の事で、まだ昭和の時代ですわ(^^;。岩仏さんは元気にしているだろうか?
32年前と同じく、金勝(こんぜ)山を含めて周回コースをとることにした。

最初に出てくるのは落ヶ滝30m。32年前の山行の記憶は、磨崖仏とこの滝の水量の少なさだけ。
P1550152落ヶ滝

登山道は左を巻き上がり、スラブの谷に沿って登る。
P1550158.jpg

稜線の登山道に合流。この山域は奇岩怪石がたくさんある。
こういうの見ると潜りたくなるが、穴の向こうは切れ落ちており不可だった。
P1550167.jpg

目の前に天狗岩。一旦左下の鞍部に下って反対側に回り込む。
P1550174天狗岩

天狗岩の基部から。この上には登れないが、右奥にチラと見える岩の上には登れるようだ。
P1550178天狗岩

その岩の上から見る天狗岩の裏側は丸っこい。
P1550185.jpg

岩の上は6畳ほどの広さがある。大津方面と琵琶湖がよく見える。
32年前は天狗岩に登った記憶が無い。子供の頃から高いところが好きだった自分が登らないはずはない。取付きを見落としたのだろうか?
P1550188.jpg

天狗岩を振り返る。右には鶏冠山。落ヶ滝から稜線に合流した処から遠くはないが、展望無いということで今回はパスした。
P1550195天狗岩振り返る

つづいて耳岩の上から。平日早朝ということもあり、今回山中で出会った人はこの方だけ。
P1550198.jpg

耳岩の上は狭く、立ち上がることが出来なかった(´д`)
P1550199耳岩上から


稜線を辿っていくと白石峰580m。
案内板とベンチがあるが展望はない。この山域(金勝山というピークはない)の最高点、竜王山へここからピストンするつもりだったのだが、寝坊でスタートが当初の予定より遅れたのでパス( ̄。 ̄;)
狛坂磨崖仏へ下っていく。
P1550200白石峰580m

重ね岩。どこから転がって来たのだろうか?という感じですな。
帰って調べてみると、この岩の側面に磨崖仏が彫ってあったらしい。見落としてしまった…
P1550202重ね岩

国見岩から最後の展望。
琵琶湖の向こうの比良山系にはまったく雪がなかった。びわ湖バレイにはスキー場もあるけど、この冬は大丈夫なのか?
P1550208比良山系雪なし

山を下っていくと狛坂寺跡の一角にある狛坂磨崖仏。
高さ6m、幅4.5mの岩に15体の仏様が彫られている。奈良時代のものらしいがはっきりしない。
P1550211狛坂磨崖仏

鳥の糞?がちょっと気になるけど素晴らしいね~
制作は渡来人の手によるものらしい。32年ぶりに手を合わせる。
P1550212.jpg

出合に下り林道らしき道を辿る。
この標識が出てきて林道だったと確認できた。ここを車が走ったのは何年前の事になるのだろうか?
P1550215.jpg

里近くに下りてきた処にある逆さ観音。
当初は上向きだったのだが、明治になって近くにオランダ堰堤を作る際、採石した時にずり下がって逆さになってしまったとの事。
P1550217さかさ観音

そのオランダ堰堤。
明治初頭、オランダの技師を招いて作ったらしい。いまだにしっかり機能している。
この後一丈野野営場に下り駐車場に帰着した。
P1550220オランダ堰堤


  2019.12.19
   コースタイム
    上桐生7:15ーー7:40落ヶ滝7:45ーー8:10稜線ーー8:45天狗岩9:05ーー9:25
    白石峰ーー9:40狛坂磨崖仏9:45ーー10:00出合ーー10:35逆さ観音ーー10:55上桐生











スポンサーサイト



Comments 14

There are no comments yet.

kappa

32年ぶり

32年ぶりの山行と言うのが格好良いですね

私的には32年ぶりと言おうとすると
72歳になっちゃいます(;^_^A

何とか達成可能かな(笑)

2019/12/22 (Sun) 22:49

ちゃっぷ

No title

これは楽しそうなルートですな! 最初の滝は水量があったら滾れそうですが、この状態だとドブの流路の様ですかね・・・

2019/12/22 (Sun) 23:45

なお

No title

おはようございます。
立派な磨崖仏ですね。
このような仏様を山の中で見ると、何か神秘を感じます。
眺めも良さそうですね!!

2019/12/23 (Mon) 06:15
hanagon60

hanagon

>kappaさん、

32年ぶりというのが格好良いかどうかは置いといて、私もいつまで山登りを続けられるのかなぁと思います。沢登りはもうそろそろ…という感じですが。
おっしゃるように、70代前半くらいまでは続けたいものですね。

2019/12/23 (Mon) 18:48
hanagon60

hanagon

>ちゃっぷさん、

滝本体の周りは苔が生えていますが、スラブを流れる水自体は結構きれいだったです。
再訪してみて改めて良いルートだなぁと思いました。

2019/12/23 (Mon) 18:50
hanagon60

hanagon

>なおさん、

32年前にこの磨崖仏を山中で見た時も、その立派さに驚き心惹かれました。
今回改めて訪れても思いは変わらなかったですね。

2019/12/23 (Mon) 18:53

LUN

No title

聞いたことがないのですが
関西では有名な処なのでしょうか?
千葉の鋸山の日本寺みたいな感じ?(笑)

2019/12/23 (Mon) 20:42

おタケさん

岩と仏様

意外な場所でした~(^^;(^^;
干支の酉年にちなんで鶏冠山から竜王山へと周回しました、落ケ滝の右側から登って落ち口へ回り込んだ記憶があります、短いけど急でした、7時間コースとなりましたがhanagonnさんは昼までにゴール、流石!!

2019/12/24 (Tue) 13:45
hanagon60

hanagon

>LUNさん、

山ノボラーなら知っているかもしれませんが、あまり一般には知られていないと思います。
鋸山はメジャーですけど。

2019/12/24 (Tue) 20:41
hanagon60

hanagon

>おタケさん、

私の場合は鶏冠山も竜王山も行ってないですし。落ヶ滝の左岸を登っていく踏み跡もありましたね。
干支にちなんでの登山でしたか。来年、子年はあまりありませんね。南紀の子ノ泊山は随分昔に登りましたが、ちょっと遠いですねぇ。。

2019/12/24 (Tue) 20:47

nincabe

興味深いです

奈良時代というと相当風雨にさらされたわけですが、きれいに残っていますね。
線刻もはっきりしていますね。
機会があったら見に行ってみたいです。

2019/12/25 (Wed) 10:34
hanagon60

hanagon

>nincabeさん、

そうなんです。1000年以上経っているのに保存状態が良いですよね。
昔から定期的に清掃・補修等の管理が行われているのでしょうね。

2019/12/25 (Wed) 20:02

田舎の猫・みけ

何度か行きました♪

このコースが一番好きです♪
また歩きたいうちのひとつです!

2019/12/28 (Sat) 20:50
hanagon60

hanagon

>みけさん、

ここは変化があって楽しい処ですよね。
そのうちまた磨崖仏様に会いたくなったら行くかもしれません。

2019/12/28 (Sat) 21:05
hanagon60
Admin: hanagon60
関西・京都周辺をとろとろ歩いている、孤高の山屋に憧れたヘタれ山屋です。
山行