fc2ブログ
hanagonのまったり山登り

半世紀ぶりの米田山

2019/12/07
山行 12
所用があって郷里の実家に戻った折、久々に地元の山に登ってみる。行き先は現在みはらし連山と呼ばれている山々の一角にしましょうか。

日の出とともに歩き始める。
手前から象山、米田山、無名峰、大平山。今回は時間の都合で象山から米田山まで。
P1540964.jpg

まずは象山の登山口へ向かう。
帰って昔のアルバムを見ると、小学校2年の時にクラスで米田山に登った山頂での集合写真がある。
今回はその時以来の登山なので50年以上を経てのこととなる。
ちなみにこの象山は学校登山の2~3年だったか後に山火事が発生。火事は数日鎮火せず、上3分の1くらいがハゲ山になってしまった事がある。
P1540965.jpg

清水橋登山口手前には国道バイパスのトンネルが出来て、以前とは大きく姿が変わっていた。
P1540967.jpg

そこそこの急登をこなして山頂へ。当時このルートをとったはずだと思うのだが、取付きと山頂直下は結構な急斜面で、よく小学2年生の集団登山に使ったものだと今更ながら思う。
ちなみにその時の下山時、私は斜面を2~3m滑落した。まったく問題はなかったが、先生は肝を冷やしたことだろう。当時の米田山の記憶は、その場面しか覚えていない。
P1540969.jpg

清水橋から30分で象山277m山頂。小広場になっている。
P1540978象山山頂277m

山頂からは西~南側がよく見える。紅葉も残っていますな。
P1540992.jpg

南側は瀬戸内の島々。
河口干拓地の向こう側の海に白い帯が見える。今の時期、名物になっている海霧ですな😊!
P1540991.jpg

ズームしてみる。河口側から島に向かって霧が次々に流れていく。手前の海面に拡散しているモヤモヤも海霧のようだ。
日の出から50分近く経っているのであまり期待していなかったが、これはラッキーですな♪
P1540990海霧

さらにズーム。小佐木島に霧がぶち当たっている。
P1540994海霧ズーム

その東側に小さな宿祢島。ここには古代の忠臣、武内宿禰の陵が建てられたという伝承があるとの事。
奥には因島大橋も見える。
P1540993宿祢島と因島大橋

東側の稜線はみはらし連山の山々。左から米田山、アンテナの立つ大平山、三角の鉢ヶ峰。
P1540999左から米田山~大平山~鉢ヶ峰

象山を出発。しばらくすると前面に米田山。
P1550008米田山

左側の稜線は崩壊して切れ落ちている。
そちらは昔から採石場となっているので、その影響かもしれない。
P1550010崩落

象山から30分で米田山357m山頂に到着。南面だけ展望が開けている。
今回登って感じたのだが、半世紀前の学校登山は象山までしか行ってないような気がする。小学2年生の集団にそこから先は無理でしょう。私の親は今の象山の事を米田山だと思っていた。勘違いなのか昔はこれらの山を合わせて米田山と呼んでいたのか、今となっては判らない。
昔の米田山の集合写真が一枚だけアルバムにあるのだが、谷と尾根が背後にチラと覗いているだけで場所が特定出来なかった。現在の象山、米田山は基本海側しか展望はない。昔は山側も開けていたのであろう。
P1550017.jpg

海霧はきれいさっぱり消えていた。象山を出発してしばらくはまだ見えていたので、その後20分程の間にまさに雲散霧消してしまったようだ。
P1550018海霧消えた

下山は糸崎側へ。樹間から海と糸崎の町を望みつつ下る。
P1550028.jpg

いたるところに猪の跡。このあたりは昔から猪が多かった。そういえば糸崎にあった友人の家に飛び込んできた事もあったよなぁ(;゚ロ゚)
P1550030猪跡

福寄登山口に下山。
ここから糸崎駅までは標識もない迷路のような小道で、家の間を縫って進むため、知っていないと登りで駅からこの登山口に辿り着くのは難しいかも。近くの道の駅からなら判り易いでしょうな。
P1550033福寄登山口

出発から二時間半で糸崎駅まで下りてきた。
プラットホームから象山(左)と米田山。
P1550046象山(左)と米田山

山陽線は信号故障でぐだぐだダイヤになっていた( ̄。 ̄;)
P1550045.jpg


  2019.12.5

   実家ーー清水橋登山口ーー象山ーー米田山ーー糸崎駅



スポンサーサイト



Comments 12

There are no comments yet.

田舎の猫・みけ

凄いタイミング×2

海霧と信号故障・・ダブルなんて凄い♪
子供の頃の山、いいですよね~私も遠足で登った常山に30年後登りました。こんなに急だったっけ?ってビックリしました。遠足ではしゃいでいたのかな?

2019/12/07 (Sat) 22:53

ちゃっぷ

No title

象山のハゲ山画像は無かったんで?
それにしても、標高300m前後の山とは思えぬ展望ですな! で、海霧なんて見たことありやせんぜ? これは滾れそうでいいですねえ!!

2019/12/07 (Sat) 23:15

nincabe

羨ましいです

瀬戸内の景色が美しいです。
ステキなふるさとですね!

2019/12/07 (Sat) 23:20
hanagon60

hanagon

>みけさん、

海霧は久々で興奮しました。
ダイヤは2時間遅れで来た電車に乗るって感じでしたね。
常山って、みけさん岡山なんですか?

2019/12/08 (Sun) 20:45
hanagon60

hanagon

>ちゃっぷさん、

画像どころか山火事の件もネット調べてもありませんでした。
海霧は夏の道東・釧路あたりが有名処でしょうか。冬の海霧は限られた場所にしか発生しません。海水温と周囲の地形から流れ込む冷気が関係するようです。

2019/12/08 (Sun) 20:50
hanagon60

hanagon

>nincabeさん、

おかえりなさい!あちらは堪能出来ましたか?
最近ちょくちょく帰省しないといけなくなったので、こういう事もありかなと(笑)

2019/12/08 (Sun) 20:53

田舎の猫・みけ

岡山ですよ~♪

連絡船の出ていた宇野の近くです。国道30号線の田んぼばっかり続いている灘崎町で、児島富士と呼んでいた常山を眺めて育ちました。江戸時代の終わりから干拓が始まった土地です(突然語り出す猫・笑)

2019/12/08 (Sun) 21:36

臆崖道

No title

小学生時代から、ハ○゛と縁があったとは・・・オキノドクデス

2019/12/08 (Sun) 22:03

なお

No title

おはようございます。
何となく、あの辺りの山かなと想像しています^^。
そして武内宿祢の伝説は、そちらにもあるんですね。
奈良にもありますよ!!

2019/12/09 (Mon) 06:18
hanagon60

hanagon

>みけさん、

そうだったんですね。今は連絡船どころか宇高航路自体があと1週間程でなくなってしまい淋しいですねぇ。。
その付近での私の思い出は、下津井電鉄、鷲羽山、王子が岳です。

2019/12/09 (Mon) 11:42
hanagon60

hanagon

>臆崖道さん、

運命ですからな(殴)

2019/12/09 (Mon) 11:43
hanagon60

hanagon

>なおさん、

なおさんだったら判ると思っていました(笑)
そんな昔の移動手段は船だったのでしょうか。瀬戸内海なら危険度は低かったかもしれませんね。

2019/12/09 (Mon) 11:45
hanagon60
Admin: hanagon60
関西・京都周辺をとろとろ歩いている、孤高の山屋に憧れたヘタれ山屋です。
山行